Entries

街角シャンソン 料理編

で、ディナーのほうですが、
実は私としましては
当店で当日、お出ししたお料理も
撮ろうと思っていたのですが、
余裕がなくて、すっかり忘れていました。
後日、ゆうこさんのブログを拝見したところ
お料理を撮ってくださっていたので
データをください!!と、お願いしてしまいました。
ゆうこさんありがとうございました!!
オードヴル
ポワソン
和牛
今回は、遠方より来て下さる方も多かったので
パザパで、人気のあるソースを使用したメニューを中心に組みました。
パンも4時間掛けて作る焼きたて自家製パン。
勿論、ゆうこさんのファンの方にも
お料理でも大満足して頂けるよう、
シェフが愛情一杯に作らせていただきました。
素材としては、
魚介類は、活けのものは勿論(オマール海老、真鯛など)
浦辻さんの作ってくださる有機野菜をふんだんに使用したり、
メインには宮崎産の和牛フィレ肉を使用しました。
フランス産のチーズはいつもと変わらず農家製の美味しいもの。
写真にはありませんが、デザートは
柔らかいチョコレートのムースにオレンジのジュレとローズマリーのアイスクリーム添え
と、こちらも人気がありましたよー

ちなみにー
これらのお料理の解説ですが、
一つ一つ書いていたら、長い文章になるので、
今回は、オードヴルのみ書かせていただきます。
一番上の写真の左上
『人参のムース、コンソメのジュレ添え』
人参は皮と中心の芯の部分を取り除きスライス。
バターで炒め蓋をしてオーブンで1時間ほど火を通し、
牛乳を加え煮詰め、ミキサーでピュレにし漉し冷やす。
コンソメジュレはコンソメ用にブイヨンを4時間掛けてとり、
さらに牛赤身肉のミンチと野菜とで、ブイヨンを時間を掛け澄まし仕上げる。
次に右の
『オマール海老とアヴォガドのサラダ オマール風味のソースマヨネーズ』
オマールは生きている状態で仕入れ、丁寧に下処理し、身をカットする。
オマールの殻をオーブンで焼いて、ジュドオマール(オマールの出し汁)を作る。
アヴォガドはカットし、 オマールとアヴォガドを重ね盛る。
ソースマヨネーズを作り、上のジュドオマールを合わせオマールのソースをかける。
その上に、ビーツ、セロリアック、豆類、人参などの千切りを合わせ
シェリーヴィネガーと胡桃オイルのドレッシングと合えてのせる。
さらにその上に、茸のパートフィロ包みを焼いてのせ完成。
次に手前は
活けの真鯛を、お出しする直前にスライスし盛る。
味・香りは香草類(チャービル、パースレ、タラゴン、ディル、シブレット)のみじん切り、
黒胡椒、コリアンダーを粗く砕いたもの、
エキストラバージンとレモン汁
以上、オードヴルの解説でした。

来年、もし実現するならば
オードヴル盛り合わせとワインのみにし、
私たちももっと、コンサートが見たい!!
っと、言うのが、正直なシェフの気持ちでした~ 笑い。



コメント

[C188]

昨日はありがとうございました!
(毎度のごとくだらだら居ついてすいません(>_<)・・・)
にんじんのムース、しみじみ美味しいですね。
あと、最近豚についてくるピクルスソースが
めっちゃ気に入ってます。 
豚の脂の旨さと合っててほんとに美味しい!
  • 2009-06-01 14:24
  • ピコレ
  • URL
  • 編集

[C189]

毎度、毎度 ご来店ありがとうございます。
しかし、ピコレパワーは凄い!
いつも楽しそうで、本当に仲良しメンバーですね~
後半、僕等夫婦も混ぜてもらってありがとうございます♪
妻も喜んでました。
後、私の高校時代の悪友も見られてしまった・・・v-12
  • 2009-06-01 21:59
  • パザパ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

ブログ内検索

過去の記事はこちらから

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

プロフィール

パザパ シェフ 

Author:パザパ シェフ 
1995年11月30日 オープン
お陰様で22年目を迎える事が出来ました!

ご来店の際は、
ランチ・ディナー共に、
お手数ですがお電話にて
ご予約をお願いいたしますm(__)m

FC2カウンター